結婚式前に浮気が発覚したら、仕切りなおすのがベター

幸せな結婚を夢見て、結婚式の準備を進めているときに、こともあろうに新郎の浮気が発覚しました。運が悪いことに、入籍を先に済ませてしまっていて、友人や職場に報告済みです。格好悪くて引き返しにくいけど、みんなの前でこの人を生涯愛すると誓うこともできません。

結婚式が無意味に。キャンセルの手続きは早めに

入籍まもなく「不貞行為」が発覚するという事態になり、結婚生活を続けていくことに不安を感じている場合は、結婚式を挙げること自体、あまり意味がなくなってしまいます。

新郎が、浮気相手と別れ、反省の態度を示しているのならまだしも、もし、そうでないならば、新婦との新婚生活についてどう考えているか全くわかりません。相手の気持ちを確かめることが第一です。

しかし、新郎が反省の態度を示したとしても、浮気をされた側の気持ちが収まらず、気分を入れなおして、再び結婚式の準備に入るという切り替えができない場合があります。

そうした場合は、結婚式を取りやめたり、延期したりする必要があります。こうした場合、キャンセル料が発生しますので、決断は早ければ早いほど良いと言えます。金額は挙式日の何日前かによって変化するからです。間際になればなるほど、高いキャンセル料を請求されます。

結婚式場のキャンセル料。分担をどうする

結婚式場キャンセル

結婚式の中止や延期を決めたなら、結婚式やウエディングアイテムのキャンセル料の有無や、料金の確認を行い、キャンセル料支払いの分担を決めます。キャンセルの必要性が発生した場合の費用負担について、あらかじめ話し合っていれば、問題はないのですが、そうでないケースが多いと思われます。

そうした場合は、結婚式の費用をどういう割合で負担したのか、互いの年収などをもとに費用負担について話し合います。ただし、結婚式を中止・延期せざるを得なくなった背景を考えると、浮気をした側が支払うほうが、合理性があるようにも思われます。

結婚式の前に入籍してしまっている場合は、すでに法的に夫婦であることから、配偶者の浮気は「不貞行為」となり、慰謝料が発生してもおかしくありません。弁護士に、キャンセル料の支払い負担と、「不貞行為」に対する慰謝料について相談することが得策です。

新居を購入してしまっていたら?

新居を購入してしまっている場合は厄介です。結婚式を挙げる直前に「不貞行為」をした配偶者を許し、一緒に生活する覚悟があれば、新居に住み続けることで問題は解決します。

しかし、結婚生活を続けていくことに違和感を持っていたり、一緒に暮らすことに嫌悪感を持っていて、到底許すことができないような場合は、離婚も視野に入れてキャンセルすることも選択肢のひとつとして検討すべきです。

その時、注意すべきは、まず、不動産の名義が誰になっているのか、住宅ローンで購入した場合は、ローンの名義が誰になっているかです。住宅ローンの名義が、不貞行為をした側であった場合は、慌てて決断しなくても、落ち着いて最適な方法を考えればいいのです。

不貞行為をされた側が、ローンの名義になっていて、返済義務がある場合は、処分して分け前を決めるという単純な話し合いにはならないわね。

そうだね。不動産を処分したほうがいいのか、持ち続けたほうがいいのかを考える必要があるかも。

不動産を売却した時に、ローン残高が不動産の時価を下回っていて、売却益が出る場合は、財産分与として利益の分け方を話し合えばいいわね。でも、ローン残高が時価を上回っている「オーバーローン」と呼ばれる状態であると、家を処分すると借金だけが残るという結果になるわ。

そうなんだ。ローンの返済を続けなければならないなら、その後の生活の負担になるので厄介だね。

より有利な状況で不動産を売るタイミングを待って、住み続けるという選択肢も考える必要があるわね。

入籍していれば慰謝料請求も

結婚式の前に入籍していた場合は、不倫や浮気などの不貞行為に伴う「慰謝料」が発生する可能性があります。慰謝料を請求する前に、この先、離婚するのか、結婚生活を続けるのかを検討しなければなりません。

結婚生活を続けるのか、離婚するのかを先に考えなければいけないのはどうしてかな。

慰謝料は配偶者に対して請求できるし、配偶者の不倫相手に対して請求することも可能なんだ。配偶者の行為を許し、結婚生活を続けると決断した場合は、配偶者を味方につけて、不倫相手に対して慰謝料を請求することもできるからね。

離婚する方向になった場合はどう?

配偶者に対して請求しても、不倫相手に請求してもあまり変わりはないかもね。配偶者は財産分与に伴い、手元のお金が増えるから、慰謝料を請求しやすくなるかも。財産がない場合は、それも期待できないね。

子どもの親権や養育費を決める

授かり婚

「授かり婚」などの理由で、すでに子どもがいる場合は、通常の離婚と同じように、子どもの親権をどちらが持つか、養育費はどうするのか、一緒に暮らさない親が子どもに会うことができる「面接交渉権」をどうするかについて、決めなければなりません

不貞行為を立証できる証拠があるのか

幸せであるはずの結婚式の前にして、配偶者の不倫や浮気を疑う事態が発覚した場合、動揺してしまうのは無理がありません。しかし、パニックになってしまって、事実を直視できずに、判断を間違ってしまっては、取り返しがつかないことになってしまいます。

この時に、最も大事なことは、不貞行為があったことを立証できる証拠を持っているかどうかです。単に疑わしいだけでは、いざとなったら不貞行為の事実を否定されてしまいます。証拠がなければ、離婚を申請することも、慰謝料を受け取ることも難しくなってしまうのです。

頭が真っ白になってしまうことは避けられませんが、できるだけ早く、体勢を立て直して、事実関係をしっかりと見つめ、証拠を探さなければなりません。また、集めた証拠はしっかりと保管しておくことが大事です。

まとめ

結婚式の直前に配偶者の不倫や浮気が発覚するという信じられない事態になると、人は慌ててしまって、正常な判断が難しくなってしまいがちです。大切なことは、まず冷静になること。自分がどうしたいのかの方向性を決めます。

しかし、突然のことなので、そう簡単には答えが出ないことも考えられます。不貞行為をした相手を許してみようと決められる場合は、結婚式を強行するのも選択肢の一つです。

でも、答えが出ないときは、とりあえず、仕切り直すのがベターな選択と言えます。

私は、配偶者に疑いの気持ちを抱いたまま、中途半端な気持ちで結婚生活を続けることが無理という気持ちが少しでもあるのなら、いったん立ち止まって結婚すべきかどうかを考え直すべきだと思うわ。

結婚式の準備が進んでいると、招待状を配布済みだったりして、まずは「恥ずかしい」という気持ちが優先する人は多いかもね。とりあえず、結婚式や新婚旅行はキャンセルしてしまって、周囲の人には「事情があって延期している」とでも説明すればいい。

世間体を気にして結婚式をそのまま済ませてしまうと、引き返すのに必要なエネルギーがますます大きくなってしまうわ。

まずは動きを止めてみることが大事かもしれないね。冷静になって話し合い、自分でも考える時間を持つことが必要になると思う。結婚式のキャンセル料は確かに小さくはないと思うけど、相手に対する疑いを抱いたまま、愛の誓いをする意味は全くないからね。

本当に不貞行為を反省する気持ちがあるのなら、いったん仕切り直したときに、本心を見抜くチャンスがあるはずだわ。キャンセルへの対応や、その後のフォローなど、たいへんな時期に誠実に対応する態度が見えるなら、一度の過ちと赦すことができるかもしれないわ。